menu

松永製菓株式会社

  • tel:0568-72-1211
  • fax:0568-73-8768

お問い合わせ

会社案内
ホーム
/
会社案内
/
行動規範

行動規範

第1条 健全な事業活動と永続的な発展

  1. 企業の永続的な発展に貢献します。

    私たちは良識ある企業人・組織人としての自覚を常に持ち、自由・公正かつ
    健全な事業活動を通じて適正利潤の追求に努め、企業の永続的な発展に貢献します。
  2. ステークホルダーの期待に応えます。

    私たちは自己の職務に精励し創意工夫と絶えざる革新により業績の向上を図り、
    ステークホルダーの期待に応えます。

第2条 安心・安全で高品質な製品・サービスの開発と提供

  1. 製品等の安全管理に努めます。

    私たちは製造・販売している製品等の開発から製造・保管・流通迄の各段階に
    於ける安全性の確保に努め、消費者の視点からの品質保証を最優先に行います。
  2. 各種データの記録管理を行い、トレーサビリティの確保に努めます。

    私たちは安全性の確認された原材料を購入し、有害・有毒物質や異物・夾雑物の混入を防止するとともに、使用原材料・製造・配送等に関する各種データの記録管理を行い、トレーサビリティの確保に努めます。
  3. 施設の衛生管理を徹底します。

    私たちは5S活動を徹底し、汚染の原因となる昆虫や小動物の施設内への侵入や病原菌等の増殖を防ぐとともに、製造設備や機器類の衛生管理を徹底し適正な維持管理とメンテナンスに努めます。
  4. 重要な品質事故が発生した場合は、適切かつ速やかに対処します。

    私たちは製品に関する重要な品質事故が発生した場合は、消費者の健康と安全を第一に考え社内規程・ルールに則って対処します。 また、重要品質事故を企業全体の問題と捉え迅速な情報報告に努めるとともに、関係部署と協力して適切かつ速やかに対処します。

第3条 人間性の尊重

  1. 自らの能力の向上と人材の育成に努めます。

    私たちは仕事に対する誇りと責任を持ち自己研鑽に努め、
    互いに切磋琢磨する事により自らの能力の向上を図ります。
    また、上司は率先して自己の職務を果すとともに、部下の適性・能力を尊重して育成に努めます。
  2. 安全で衛生的な職場環境の維持・向上に努めます。

    私たちは心身の健康増進に努め、安全・快適で衛生的な職場環境の維持・向上に努めます。
  3. 人権を尊重し、不当な差別を行いません。

    私たちは性別・国籍・年齢・民族・人種・宗教・信条・身体的障害等を根拠とした
    不当な差別や、いやがらせ・セクシャルハラスメント・パワーハラスメント等を根絶します。
    また、労働者の権利を尊重すると伴に強制労働・児童労働・囚人労働を認めません。

第4条 社会規範の遵守と公正な企業活動の推進

  1. 社会規範を遵守し、社会秩序の維持に努めます。

    私たちは社会人としてまた企業人として自らの行動に関し、
    法令や企業倫理及び社会規範を遵守し、社会秩序の維持に努めます。
  2. 就業規則等の社内規程を遵守します。

    私たちは就業規則をはじめとした社内規程・ルールを遵守し、
    公私のけじめを守り職場の秩序を維持するように努めます。
  3. 土地の購入・賃借時には地権者の権利を尊重します。

    私たちは土地の購入・賃借を行う場合、購入又は賃借先が正当な地権者であること必ず確認し、
    公正な取引を行います。また、その購入価額及び賃料は社会通念上適正な対価で取引します。
  4. 機密情報の管理を徹底するとともに、知的財産権の保護に努めます。

    私たちは会社の各種機密情報の重要性を充分に認識してその管理を徹底するとともに、不正或いは不用意に利用・開示しません。 特に、企画開発等の機密情報やパソコン等に含まれるあらゆる情報を適切に管理し、会社の情報資産の漏洩を防止します。 また、知的財産権(著作権・商標権・特許権等)の保護に努め、他人の権利の侵害や不正使用を行いません。
  5. 不正な利益供与は行いません。

    私たちは公務員・政治家等に対して不正な利益供与・政治献金・接待・贈答を行わず、取引先や業界等に対しても社会通念上の節度を守ります。 また、市民社会の秩序や安全に脅威を与えるような反社会的な勢力(特殊株主・暴力団等)からの不当な要求には、屈することなく毅然として対決します。

第5条 適切な広報活動の推進

  1. 事業活動に於ける情報の共有化を図ります。

    私たちは相互の連携とコミュニケーションの重要性を認識し、
    日常の事業活動に於ける各種情報の共有化を図ります。
  2. 企業イメージの向上に努めます。

    私たちは常に良識ある企業人としての自覚を持って行動し、
    社外とのコミュニケーションを通じて会社に対する正しい理解と信頼を深め、
    企業イメージの向上に努めます。

第6条 環境保全の推進

  1. 環境汚染の防止に努めます。

    私たちは環境保全の重要性を認識し、
    関連法規を遵守して環境汚染の防止及び、環境の保護に努めます。
  2. 資源の有効活用に努めます。

    私たちはあらゆる日常活動の中で使用する資源やエネルギー等の有効活用を図り、
    廃棄物のリデュース・リユース・リサイクルに努めます。
  3. 環境負荷の少ない製品の開発・製造に取り組みます。

    私たちは省資源・省エネルギー・リサイクルのし易さ等環境への影響に充分配慮し、
    可能な限り環境負荷の少ない製品の開発・製造に取り組みます。

第7条 社会貢献活動の推進

  1. 地域社会をはじめとして、広く社会貢献に努めます。

    私たちは地域行事への参加等により地域との交流を深め、
    地域社会との友好・親睦を図るとともに、広く社会貢献に努めます。
2017年10月5日
松永製菓 株式会社
代表取締役 松永将裕